FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

1月帰楽会のご案内

2019/01/08
新年おめでとうございます。
1月の常例法会「帰楽会」(きらくえ)は、
1月11日(金)19:30~ より開催いたします。
お気軽にお参りください。

※現在帰楽会では、親鸞聖人に師事した唯円著作(諸説あり)の『歎異抄』を講読して参ります。親鸞聖人の還浄後に浄土真宗の教団内に起こった異義・異端を嘆いたもので、鎌倉時代後期に書かれた仏教書です。
一般仏教の理念も学べる名著ですから、正信偈講読に引き続き真宗だけでなく、広く仏教全般に脱線しながら、 やさしく、ゆっくりと読みすすめ、 法味をいただきたいと考えています。

一座ごとに完結する様つとめますので、
どなた様も何時からでもご自由にご参加ください。

読経とお話の後は酒茶会です、ざっくばらんにお話しましょう!

12月11日開催の帰楽会 成道会&報恩講の模様です。
読経、法話の後、アフガニスタン音楽ユニット「ちゃるぱーさ」さんに音楽奉賛をお願いしました。
帰楽院では、今回で3度目の演奏となりましたが、毎回、お二人の息の合った演奏と美しい声に
ご参加の皆さんうっとり聴き入ってました。
また、演奏後の酒茶会では、アフガニスタンのお話など興味深いお話をお聞かせいただきました。
DSC_0276.jpg

DSC_0281.jpg
19:22 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

12月帰楽会 成道会&報恩講 音楽奉賛法要のご案内

2018/12/03
今年も成道会の季節がやってまいりました。
成道会(じょうどうえ)は、お釈迦様が菩提樹の下でお悟りを開かれた、
成道(大いなる悟りの完成)を讃えて行われる法要です。

お釈迦様のお悟りの御教えにより、すべての人の心に安穏の道が開かれました。

報恩講は、お釈迦様の正意「阿弥陀さまの本願」を受け継ぎ、
浄土真宗を開かれた親鸞聖人のご法要です。
その意義は親鸞聖人のご苦労と阿弥陀さまのお慈悲を伝えてくださったご恩を偲び、
お念仏の心をお聞かせいただき感謝申し上げるところにあります。

9回目となる帰楽院 成道会&報恩講です。

今年の成道会&報恩講は、2014年の灌仏会(花まつり)で音楽奉賛演奏をお願いしました、
日本で唯一のアフガン音楽を専門に演奏するユニット「ちゃるぱーさ」さんを再度お招きし、
法要並びに、アフガニスタン音楽の奉賛演奏を行います。

法要後、ちゃるぱーささんを囲み酒茶の会を開催します。

どうぞ気軽にご参加ください。
※今月の帰楽会は、成道会と報恩講を兼ねての開催といたします。

【日時】2018年12月11日(火) 19時30分~
文字色
【場所】帰楽院(横浜市保土ヶ谷区岩井町64-2-1F)  
JR横須賀線・湘南新宿ライン保土ヶ谷駅(東口をでて大通りを右へお進みください)徒歩3分

【内容】お勤め(読経)・法話  酒茶会  ☆ご予約不要、参加費不問です。

【ちゃるぱーさプロフィール】
ルバーブなど弦楽器担当の佐藤圭一氏とヴォーカル、パーカッション担当のやぎちさと氏によって
2007年の初頭に結成されたアフガニスタン音楽ユニット。
2012111313103744d_2018120311171888e.jpg
11:19 音楽法要 | コメント(0) | トラックバック(0)

11月帰楽会のご案内

2018/10/26
11月の常例法会「帰楽会」(きらくえ)は、

11月11日(日)19:30~より開催いたします。
DSC_0159.jpg


お気軽にお参りください。

※現在帰楽会では、親鸞聖人に師事した唯円著作(諸説あり)の『歎異抄』を講読して参ります。親鸞聖人の還浄後に浄土真宗の教団内に起こった異義・異端を嘆いたもので、鎌倉時代後期に書かれた仏教書です。
一般仏教の理念も学べる名著ですから、正信偈講読に引き続き真宗だけでなく、広く仏教全般に脱線しながら、 やさしく、ゆっくりと読みすすめ、 法味をいただきたいと考えています。

一座ごとに完結する様つとめますので、
どなた様も何時からでもご自由にご参加ください。

読経とお話の後は酒茶会です、ざっくばらんにお話しましょう!
DSC_0153.jpg
10:36 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

南相馬からの贈り物&10月帰楽会のご案内

2018/09/26
お彼岸も過ぎすっかり涼しくなって参りました。
先日、南相馬のMさんからとってもうれしい贈り物をいただきました。
Mさんが震災後に住まれていた南相馬市鹿島の仮設の近所で採れた「梨」です。
ご本尊様にお供えさせていただきました。
スーパーでは見ることができない立派でそしてなによりもとてもジューシーな梨でした。

35.jpg


Mさんは、ご自宅を津波でなくされ2年前に新居を構えられました。
Mさんが住まれていた仮設はもう解体され、みなさん方々へ引っ越しされバラバラになりましたが、
仮設の集会所で開催していたサロンを場所を変えて開催し、みなさんで集まっていらっしゃるとのことです。
更に最近は健康体操のインストラクターとして各所を回っていらっしゃるそうです。
Mさんとはしばらくお会いできておらずでしたが、久々にお声を聞くことができたのがとてもうれしく
そして私たちを忘れずお心遣いくださったことに感謝するばかりです。

来月の常例法会「帰楽会」(きらくえ)は、

10月11日(水)19:30~より開催いたします。

お気軽にお参りください。

※現在帰楽会では、親鸞聖人に師事した唯円著作(諸説あり)の『歎異抄』を講読して参ります。親鸞聖人の還浄後に浄土真宗の教団内に起こった異義・異端を嘆いたもので、鎌倉時代後期に書かれた仏教書です。
一般仏教の理念も学べる名著ですから、正信偈講読に引き続き真宗だけでなく、広く仏教全般に脱線しながら、 やさしく、ゆっくりと読みすすめ、 法味をいただきたいと考えています。

一座ごとに完結する様つとめますので、
どなた様も何時からでもご自由にご参加ください。

読経とお話の後は酒茶会です、ざっくばらんにお話しましょう!



12:54 東日本大震災関連 | コメント(0) | トラックバック(0)

9月帰楽会のご案内

2018/09/02
来月の常例法会「帰楽会」(きらくえ)は、

9月11日(火)19:30~より開催いたします。

お気軽にお参りください。

この度、当院を支援くださる伝統仏教寺院様よりご本尊様の天蓋、菊燈、金灯籠を賜りました。伝灯の思いも新たに御法義を相続してまいります。

※現在帰楽会では、親鸞聖人に師事した唯円著作(諸説あり)の『歎異抄』を講読して参ります。親鸞聖人の還浄後に浄土真宗の教団内に起こった異義・異端を嘆いたもので、鎌倉時代後期に書かれた仏教書です。
一般仏教の理念も学べる名著ですから、正信偈講読に引き続き真宗だけでなく、広く仏教全般に脱線しながら、 やさしく、ゆっくりと読みすすめ、 法味をいただきたいと考えています。

一座ごとに完結する様つとめますので、
どなた様も何時からでもご自由にご参加ください。

読経とお話の後は酒茶会です、ざっくばらんにお話しましょう!


2_201808281518061eb.jpg

1_20180828151807a96.jpg





07:45 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »