06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

涅槃会と二月帰楽会のご案内

2018/02/01
02_syorinji_1280.jpg
中山寺蔵

涅槃会は、お釈迦様が入滅(おなくなりになられた)旧暦2月15日に、
お釈迦様の遺徳を偲んで行われる法要です。

涅槃(ねはん、サンスクリット: Nirvāṇa ニルヴァーナ)とは、
迷いや苦しみのなくなった心の状態を表す言葉ですが、
この場合には、お釈迦様の入滅を意味します。

お釈迦様の入滅をお偲びし、一緒にお勤めしましょう。
どうぞ気軽にご参加ください。

※今月の帰楽会は、涅槃会と兼ねて2月11日の開催といたします。

【日時】2018年2月11日(日)19時半~

【場所】帰楽院(横浜市保土ヶ谷区岩井町64-2-1F)  地図はこちら
     JR横須賀線・湘南新宿ライン保土ヶ谷駅(東口)徒歩3分

【内容】お勤め(読経)・法話


☆法要終了後、茶話会を行います。 お茶か般若湯(米般若)をお振舞いします☆
11:29 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

謹賀新年

2017/12/31
大晦日にフライングですが、、、

謹賀新年

皆さま方がお健やかな一年をお過ごしになられるようお念じ申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年最初の帰楽会は、
1月11日(木)19:30~開催します

お気軽にお参りください。

※現在帰楽会では、親鸞聖人に師事した唯円著作(諸説あり)の『歎異抄』を講読して参ります。親鸞聖人の還浄後に浄土真宗の教団内に起こった異義・異端を嘆いたもので、鎌倉時代後期に書かれた仏教書です。
一般仏教の理念も学べる名著ですから、正信偈講読に引き続き真宗だけでなく、広く仏教全般に脱線しながら、 やさしく、ゆっくりと読みすすめ、 法味をいただきたいと考えています。

一座ごとに完結する様つとめますので、
どなた様も何時からでもご自由にご参加ください。

読経とお話の後は新年会も兼ねて酒茶会です。

12月成道会・報恩講開催の報告です。

DSC_1111.jpg

お参りの皆さんでの読経に続き院主より法話、その後、岩崎氏によるペルシャ伝統楽器、サントゥールによる音楽奉賛演奏
をいただきました。岩崎氏は、数少ない日本人サントゥール奏者で遠方滋賀県よりお越しくださいました。
ピアノの原型とも言われるサントゥールですが、シルクロードを連想させるエキゾチックな音色が室内に響き渡りました。

DSC_1113.jpg

16:54 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

成道会&報恩講のご案内

2017/11/21
今年も成道会の季節がやってまいりました。
成道会(じょうどうえ)は、お釈迦様が菩提樹の下でお悟りを開かれた、
成道(大いなる悟りの完成)を讃えて行われる法要です。

お釈迦様のお悟りの御教えにより、すべての人の心に安穏の道が開かれました。

報恩講は、お釈迦様の正意「阿弥陀さまの本願」を受け継ぎ、
浄土真宗を開かれた親鸞聖人のご法要です。
その意義は親鸞聖人のご苦労と阿弥陀さまのお慈悲を伝えてくださったご恩を偲び、
お念仏の心をお聞かせいただき感謝申し上げるところにあります。

8回目となる帰楽院成道会&報恩講です。
今回は、岩崎和音氏をお迎えしイラン・ペルシャ伝統楽器サントゥールの奉賛演奏を行います。
法要後、岩崎氏を囲みイランのお話など酒茶の会を開催します。

どうぞ気軽にご参加ください。

【日時】2017年12月11日(月) 19時30分~ 

【場所】帰楽院(横浜市保土ヶ谷区岩井町64-2-1F)
JR横須賀線・湘南新宿ライン保土ヶ谷駅 (東口を出て大通りを右へお進みください)徒歩約3分

【内容】お勤め(読経)・法話  酒茶会  ☆参加費不問です。

1_20171121093624b2f.jpg
 
岩崎 和音氏 プロフィール
1989年生まれ。イラン・ペルシア伝統楽器サントゥール奏者。
大阪音楽大学作曲学科音楽学コース在学中、P.アナヴィアン氏の紹介によりサントゥールと出合い、卒業後、2012年、ペルシア伝統音楽の本場イランへ渡る。イラン国立テヘラン大学大学院芸術学部音楽学科ペルシア伝統音楽演奏コースの修士課程に入学し、ピアノの祖型となったといわれる伝統楽器サントゥールの演奏法を学ぶ。
当地ではペルシア伝統楽器の音楽理論を、国内外で教鞭を執るダーリユーシュ・タラーイー Dariush Talaei氏、サントゥール演奏法を、西欧でも活躍の幅を広げるパシャング・カームカールPashang Kamkar、アルダヴァーン・カームカール Ardavan Kamkarの両氏に師事。2014年、テヘラン大学より最優秀留学生の一人に選出され、褒賞を受ける。2015年秋、同大学音楽学科にて修士研究が「すこぶる優秀」との評価を受け、修了する。現在にいたるまで、イランの首都テヘランや日本国内各地で演奏・講演活動を展開している。
09:46 音楽法要 | コメント(0) | トラックバック(0)

十一月帰楽会ご案内

2017/11/04

秋が深まって参りましたね。

今月の常例法会「帰楽会」(きらくえ)は、

11月11日(土)19:30~開催いたします。

お気軽にお参りください。

※現在帰楽会では、親鸞聖人に師事した唯円著作(諸説あり)の『歎異抄』を講読して参ります。親鸞聖人の還浄後に浄土真宗の教団内に起こった異義・異端を嘆いたもので、鎌倉時代後期に書かれた仏教書です。
一般仏教の理念も学べる名著ですから、正信偈講読に引き続き真宗だけでなく、広く仏教全般に脱線しながら、 やさしく、ゆっくりと読みすすめ、 法味をいただきたいと考えています。

一座ごとに完結する様つとめますので、
どなた様も何時からでもご自由にご参加ください。

読経とお話の後は酒茶会です、ざっくばらんにお話しましょう!






08:15 帰楽会(定例法会) | コメント(0) | トラックバック(0)

十月帰楽会のご案内

2017/10/02
爽やかな秋の訪れですね。

今月の常例法会「帰楽会」(きらくえ)は、

10月11日(水)19:30~開催いたします。

お気軽にお参りください。

※現在帰楽会では、親鸞聖人に師事した唯円著作(諸説あり)の『歎異抄』を講読して参ります。親鸞聖人の還浄後に浄土真宗の教団内に起こった異義・異端を嘆いたもので、鎌倉時代後期に書かれた仏教書です。
一般仏教の理念も学べる名著ですから、正信偈講読に引き続き真宗だけでなく、広く仏教全般に脱線しながら、 やさしく、ゆっくりと読みすすめ、 法味をいただきたいと考えています。

一座ごとに完結する様つとめますので、
どなた様も何時からでもご自由にご参加ください。

読経とお話の後は酒茶会です、ざっくばらんにお話しましょう!



14:00 帰楽会(定例法会) | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »