FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

11月帰楽会のご案内

2018/10/26
11月の常例法会「帰楽会」(きらくえ)は、

11月11日(日)19:30~より開催いたします。
DSC_0159.jpg


お気軽にお参りください。

※現在帰楽会では、親鸞聖人に師事した唯円著作(諸説あり)の『歎異抄』を講読して参ります。親鸞聖人の還浄後に浄土真宗の教団内に起こった異義・異端を嘆いたもので、鎌倉時代後期に書かれた仏教書です。
一般仏教の理念も学べる名著ですから、正信偈講読に引き続き真宗だけでなく、広く仏教全般に脱線しながら、 やさしく、ゆっくりと読みすすめ、 法味をいただきたいと考えています。

一座ごとに完結する様つとめますので、
どなた様も何時からでもご自由にご参加ください。

読経とお話の後は酒茶会です、ざっくばらんにお話しましょう!
DSC_0153.jpg
10:36 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

9月帰楽会のご案内

2018/09/02
来月の常例法会「帰楽会」(きらくえ)は、

9月11日(火)19:30~より開催いたします。

お気軽にお参りください。

この度、長野県飯山市に本院を構える真宗大谷派・称念寺様(横浜市港北区)よりご本尊様の天蓋、菊燈、金灯籠を賜りました。伝灯の思いも新たに御法義を相続してまいります。

※現在帰楽会では、親鸞聖人に師事した唯円著作(諸説あり)の『歎異抄』を講読して参ります。親鸞聖人の還浄後に浄土真宗の教団内に起こった異義・異端を嘆いたもので、鎌倉時代後期に書かれた仏教書です。
一般仏教の理念も学べる名著ですから、正信偈講読に引き続き真宗だけでなく、広く仏教全般に脱線しながら、 やさしく、ゆっくりと読みすすめ、 法味をいただきたいと考えています。

一座ごとに完結する様つとめますので、
どなた様も何時からでもご自由にご参加ください。

読経とお話の後は酒茶会です、ざっくばらんにお話しましょう!


2_201808281518061eb.jpg

1_20180828151807a96.jpg





07:45 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

7月帰楽会のご案内

2018/07/06
今年は、例年になく早い梅雨明けとなり厳しい暑さが続いております。
今月の常例法会「帰楽会」(きらくえ)は、

7月11日(水)19:30~開催いたします。
お盆の時期です。ご先祖様を偲びご一緒にお念仏申させていただきましょう。

お気軽にお参りください。

※現在帰楽会では、親鸞聖人に師事した唯円著作(諸説あり)の『歎異抄』を講読して参ります。親鸞聖人の還浄後に浄土真宗の教団内に起こった異義・異端を嘆いたもので、鎌倉時代後期に書かれた仏教書です。
一般仏教の理念も学べる名著ですから、正信偈講読に引き続き真宗だけでなく、広く仏教全般に脱線しながら、 やさしく、ゆっくりと読みすすめ、 法味をいただきたいと考えています。

一座ごとに完結する様つとめますので、
どなた様も何時からでもご自由にご参加ください。

読経とお話の後は酒茶会です、ざっくばらんにお話しましょう!

DSC_0376.jpg


16:39 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

6月の帰楽会のご案内

2018/06/04
間もなく梅雨入りの季節となってますが、
今月の常例法会「帰楽会」(きらくえ)は、

6月11日(月)19:30~開催いたします。

お気軽にお参りください。

※現在帰楽会では、親鸞聖人に師事した唯円著作(諸説あり)の『歎異抄』を講読して参ります。親鸞聖人の還浄後に浄土真宗の教団内に起こった異義・異端を嘆いたもので、鎌倉時代後期に書かれた仏教書です。
一般仏教の理念も学べる名著ですから、正信偈講読に引き続き真宗だけでなく、広く仏教全般に脱線しながら、 やさしく、ゆっくりと読みすすめ、 法味をいただきたいと考えています。

一座ごとに完結する様つとめますので、
どなた様も何時からでもご自由にご参加ください。

読経とお話の後は酒茶会です、ざっくばらんにお話しましょう!
DSC_008912.jpg

3_20180604112932950.jpg
いつもお参りくださるMさんが、藤と朝顔をドライフラワーにした初夏の屏風を制作くださいました。
11:37 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

5月帰楽会のご案内

2018/05/02
新緑の季節となってまいりました。
今月の常例法会「帰楽会」(きらくえ)は、

5月11日(金)19:30~開催いたします。

お気軽にお参りください。

※現在帰楽会では、親鸞聖人に師事した唯円著作(諸説あり)の『歎異抄』を講読して参ります。親鸞聖人の還浄後に浄土真宗の教団内に起こった異義・異端を嘆いたもので、鎌倉時代後期に書かれた仏教書です。
一般仏教の理念も学べる名著ですから、正信偈講読に引き続き真宗だけでなく、広く仏教全般に脱線しながら、 やさしく、ゆっくりと読みすすめ、 法味をいただきたいと考えています。

一座ごとに完結する様つとめますので、
どなた様も何時からでもご自由にご参加ください。

読経とお話の後は酒茶会です、ざっくばらんにお話しましょう!
4_201805021229416d8.jpg
12:32 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »